オルソケラトロジー治療 体験者の声



体験者 K.Hちゃん(8歳)回答はお母様

1週間のトライアル後、本治療を続けている。
開始前の視力は0.07、治療開始後の視力は裸眼で1.5まで見えるようになった。レンズの着脱とケアは全てお母様が行っている。

オルソケラトロジー治療を始めたきっかけは?
近視の進みが早く、少しでも遅くしたかった。もともとオルソケラトロジー治療のことは知っていたが、年齢が小さいので治療はダメだろうと思っていたが、逗子の逗子駅前鈴木眼科で勧められた。
オルソケラトロジー治療を始めるにあたっての検査時間は?
子どもだけ来院し検査してもらった。およそ1時間くらいと思うが、特に負担の様子はなかった。
現在のオルソケラトロジーレンズの装用時間は?
平日は就寝する10時前くらいにコンタクトを装用し、だいたい翌朝の7時前くらいに外している。休日はゆっくりなので装用時間が若干長くなる。
オルソケラトロジーレンズの装用とケアは?
コンタクトレンズのケアは面倒だと聞いていたが、思っていたほどではなく特に負担はない。レンズが小さいので失くさないように管理している。
初めてオルソケラトロジーレンズを入れたときは?(お子様が回答)
最初の2~3日はゴロゴロ感があったが、すぐに慣れた。1週間くらい装用後、朝から寝るまで裸眼で過ごせるようになった。
オルソケラトロジーレンズを外して、初めて裸眼で見えた時の感想は?(お子様が回答)
以前は見えなかった教室の後ろから黒板に書いてある「日直」の文字が見えた時は感動した。メガネをかけている時より視野が広くなるので何でも見やすい。ピアノの楽譜もよく見えるようになり、特に指使いがきちんと見えるのでピアノの練習がラクになった。
お母様から裸眼での様子をご覧になって
以前は近視のせいか、手元近くで本などを読んでいたが、最近は普通に離して読むようになり、心なしか姿勢もよくなったように思える。また遠くの景色を楽しめるようになった。
就寝中に無意識に目をこすったり、などの予防はしているか?
子どもなので特に何もしていない。就寝中に目のあたりを触ったりした事があったが、それでレンズが動くこともなかったようだ。仰向けに寝るのが良いと子どもには伝えてはいるが、年齢が小さいので特にこれといった注意はしていない。
今後は?
裸眼で過ごすことができるのは、本人にとってもラクらしいので、なるべく長く装用し近視の度合いが進むのを抑えたいと思う。