EXAMINING
加齢黄斑変性の診断と治療

症状と原因についてご紹介します

加齢黄斑変性症について

・症状

膜の中心部が障害されますので、まず視野の真ん中すなわち最も見ようとするところが見えにくくなります。最初は物のゆがみとして自覚されるかもしれません。また急に視力が低下する場合も多くみられます。黄斑部に病気が限局していれば通常見えない部分は中心部だけですが、網膜剥離や大きな出血が起きればさらに広い範囲で見えにくくなります。
加齢黄斑変性症の病状
中心部分が見えにくくなります
加齢黄斑変性症の病状
中心部分が欠けて見えます

・原因

黄斑部が加齢にともなって色々な異常をきたした状態を加齢黄斑変性といいます。加齢黄斑変性は滲出型と萎縮型に分けられます。現在、治療法としてレーザー治療、内服治療がありますが、予後は決して良くありません。