catch-img

PC・スマホ、タブレット、ブルーライトが与える影響とは?

こんにちは!

鈴木眼科グループ 院長 兼 主任執刀医の鈴木高佳です。

本日もみなさまに役立つ、目の情報をお届けして参りますので、ぜひ最後までお付き合いください。

第4回目となる本日は、『ブルーライトが与える影響について』ご紹介していきます。

近年、よく耳にするブルーライトは、パソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機などから発せられる、青色の光を指します。

高周波で紫外線と波長が似ており、可視光線(電磁波のうち、光として人の目に見えるもの)の中でも、非常に高いエネルギーを発します。


目の奥の網膜まで届くブルーライトは、昼夜問わず浴び続けると、体内リズムの乱れや不眠を引き起こす原因となります。

個人差ではあるようですが、私は夜にスマートフォンを操作すると寝つきが悪くなってしまうので、極力控えるようにしています。また、最近ではブルーライトが肌の色素沈着を引き起こす原因となることも分かってきました。


目に与える影響としては、ブルーライトを散乱しやすい波長の性質から、ピントがずれ、物体がぼやけて見えたり、物体を見るときにまぶしさを感じる、といった症状が現れます。

また、私たちの目は、無意識にピントが合うよう、眼のレンズ(水晶体)の厚さを調節していますから、ブルーライトを浴び続けることで、目に入る光を減らそうと瞳孔を縮める筋肉(虹彩筋)を駆使してしまい、、結果的に目の奥が想い、充血するといった、眼精疲労を引き起こすのです。


目や身体の健康を考えると、ブルーライトを発する機器を極力避けて頂いた方が良いのですが、現代社会において、ブルーライトを浴びない生活ということは難しいですよね。

ですから、メガネショップや家電量販店などで販売されているブルーライトを除去するメガネやシートを活用する、スマホのバックライトを明るくしすぎない、、スマホ操作は少なくとも顔から40㎝以上話して操作するなど、日頃から対策を心がけてくださいね!


鈴木眼科グループでは、ネット予約も受け付けていますので、お気軽にご予約してください。



鈴木高佳
鈴木高佳

鈴木眼科グループ院長 兼 主任執刀医。 平成6年日本医科大学卒。日本医科大学第一病院にて麻酔科研修後、横浜市立大学医学部付属病院に所属する。この間、同大学病院、函館の藤岡眼科病院、小田原の佐伯眼科クリニックへの勤務を通して白内障手術はじめ眼科一般の経験を積む。平成14年より東京歯科大学市川総合病院眼科にて角膜疾患の診断・治療に携わり、また同年より東京歯科大学水道橋病院眼科にてLASIKをはじめとする屈折矯正手術と日帰り白内障手術を専門に行う。平成19年国際親善病院眼科部長に就任。網膜硝子体疾患に対し手術および内科的治療(光線力学療法、抗血管内皮増殖抑制因子硝子体注射療法など)を導入し、多数の患者さんの診断と治療を担当。平成22年4月、戸塚駅前鈴木眼科を開院。