catch-img

40代過ぎたら気にして欲しい眼の病気!老眼・白内障・緑内障

鈴木眼科グループ 院長 兼 執刀医の鈴木高佳です。

本日も皆さまに役立つ、目の情報をお届けして参りますので、ぜひ最後までお付き合いください。

さて、3回目となる本日は、加齢と共に気にして頂きたい代表的な眼の病気についてご紹介していきます。

眼の病気は初期症状が現れず、ゆっくりと進行していくケースが多いため、自覚した時にはすでに重症化していた・・・、なんてことも少なくありません。

目の病気に対し、正しい知識と症状を知ることで、早期発見・早期治療に繋がりますので、ぜひお付き合いください。

目次[非表示]

  1. 1.40代以降、例外なく発症する老眼
  2. 2.発症年齢の若年化が予想される白内障
  3. 3.失明の危険性が最も高い緑内障
  4. 4.さいごに


40代以降、例外なく発症する老眼


タイトルにも付けましたが、40代以降、ほとんどの人に老眼の症状が現れます。

新聞や本などの細かい字を読む時は、眼から少し離さないとピントが合わなくなりますし、少し部屋が暗かったりするだけで字が読みにくくなります。

また、本を読んでいて、ふと目をあげると視界がぼやけていて、しばらくするとはっきり見えてくるといったような症状が現れます。

私は久しぶりに卒業アルバムを見返していたら、若い頃は何の問題も無く見えていた集合写真が、とても見えにくくなったことで老眼を実感しました(笑)

老眼の原因は大きく分けると3つあります。


1)見るために非常に重要な組織である、水晶体が硬くなること

2)水晶体を支える毛様体筋の働きが衰えること

3)ピントを合わせる調整機能低下すること


老眼を放っておくと、眼精疲労による頭痛や肩こりなど、体調を崩しやすくなり、また認知症の発症を高める要因にもなります。

老眼の症状が現れたら、早めに専門医に相談し適切な治療を受けることが大切です。



発症年齢の若年化が予想される白内障

白内障は糖尿病などの疾患、ステロイドなどの特殊な薬剤、少ないながらも先天性遺伝の影響によって発症することがありますが、ほとんどの人は加齢に伴い水晶体が濁ることで発症します。

老眼同様に40代頃から症状が現われはじめ、80代以上になると、ほぼ100%の確率で発症する病気です。現代ではPCやスマホで日常的に眼を駆使しているので、私は今後、白内障に限らず老化による眼の病気の発症年齢は若年化していくのではないかと思っています…。


白内障を発症すると、全体的に視界がかすんだり、視力が低下するだけでなく、暗い時と明るい時とでは見え方が異なったり、光をまぶしく感じるなど、日常生活にも支障をもたらします。自転車や車の運転なんかは、とても危ないですよね。


また放置しておくと、これから説明する緑内障や、あらゆる眼の病気を引き起こす可能性がありますので、早めに治療されることをおすすめします。


白内障は残念ながら、投薬治療で完治することはありません。水晶体を人工の眼内レンズに交換するという手術が必要になります。

手術と聞くと抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、手術時間は早ければ10分~20分程度で、その日のうちに帰れますから、当クリニックでも毎年多くの白内障患者様が手術を受けられています。



失明の危険性が最も高い緑内障

緑内障とは眼から入ってきた情報を脳に伝達する為の視神経に障害が起こり、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなってしまう病気です。

この、緑内障のやっかいなところは進行スピードも非常にゆっくりとしている為、症状がかなり進行するまで自覚症状が無い病気だということです。悪化すると失明の危険性を伴う恐ろしい病気で、日本では失明原因のトップになっています。

直接的な原因については、まだ解明されていません。


緑内障の治療法はまず、点眼薬を中心とした薬物治療が行われ、改善がみられない場合は薬の種類を変更したり、レーザー治療や手術をする場合があります。


原因も分からない上に自覚症状も出にくい病気ですから、ぜひ40代を過ぎたら日頃から眼の定期検診を受ける事をおすすめします。



さいごに

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

色々とお伝えしてきましたが、一番大切なことは、『年だから仕方ない…。』と年齢のせいにしないで、少しでも異変を感じたら病気の可能性を疑う事だと私は思っています。

また40代を過ぎたら、最低でも年に1回は眼の定期検診を受けることで、早期発見・早期治療に繋がります。もし当てはまる症状が少しでもありましたら、是非この機会に検診を受けてみてはいかがでしょうか。

鈴木高佳
鈴木高佳

鈴木眼科グループ院長 兼 主任執刀医。 平成6年日本医科大学卒。日本医科大学第一病院にて麻酔科研修後、横浜市立大学医学部付属病院に所属する。この間、同大学病院、函館の藤岡眼科病院、小田原の佐伯眼科クリニックへの勤務を通して白内障手術はじめ眼科一般の経験を積む。平成14年より東京歯科大学市川総合病院眼科にて角膜疾患の診断・治療に携わり、また同年より東京歯科大学水道橋病院眼科にてLASIKをはじめとする屈折矯正手術と日帰り白内障手術を専門に行う。平成19年国際親善病院眼科部長に就任。網膜硝子体疾患に対し手術および内科的治療(光線力学療法、抗血管内皮増殖抑制因子硝子体注射療法など)を導入し、多数の患者さんの診断と治療を担当。平成22年4月、戸塚駅前鈴木眼科を開院。